任意売却って何!?住宅ローンが払えなくなる前に確認しておこう

任意売却ってどんなもの?

住宅ローンの返済が困難になってしまい住宅ローンを滞納してしまうと、お金を貸した金融機関は住宅ローンの一括返済を請求してきます。これは住宅ローンを滞納してしまうことによってローンを分割して払う権利を失うことによって起こり、一括返済できないと金融機関は強制的に競売にかけてしまいます。競売にかけられると落札金額が落札開札時まで知ることができません。さらに競売だと市場価格より2~3割安い金額で落札されてしまう恐れがあります。競売にかけられないようにするには、任意売却の制度を利用するのがいいです。任意売却とは債権者と債務者の間に仲介業者である不動産業者が入ることによって競売にかけずに不動産を売買する方法です。任意売却をすることによって債権者・債務者・不動産の購入者が納得のいく金額で不動産を売買することが可能になります。

任意売却のメリットとデメリットとは?

任意売却のメリットは、競売と違い市場価格で売買することができるので、納得いく価格で不動産を売買できます。また契約日や明け渡し日などについて希望を主張することが可能です。したがって仕事や子どもの学校などの都合に合わせて家を明け渡せます。競売では裁判所やインターネットで公示されるので、競売になったことを友人や近所の人に知られてしまう可能性があります。任意売却では周りの知人に知られないで売却することができます。任意売却のデメリットとしては、売買価格と債権者である金融機関が求める金額の差が大きいと折り合いがつかいないことがあります。また連帯保証人などが要る場合は、任意売却に際して連帯保証人の同意が必要です。

任意売却は住宅ローンを滞納しているなどの事情がある方で、近所に知られることなく自らが住宅を売却出来たり、手元に資金が残るなどのメリットがあります。