Monthly Archives: 10月 2017

飲食店を独立起業する人にとってのおすすめ情報

Published by:

店舗デザインはとても大切

これから飲食店、その中でもお洒落な飲食店を開業しようという野望がある人は、まず店舗デザインから真剣に考えていく必要があります。飲食店の場合、居抜き物件を利用してお店にお金をできるだけかけないようにするのが流行っています。ローコストで飲食店をオープンさせることができれば、当然リスクが少ないのでおすすめです。

しかし、お客さんにとって魅力的なお店になっているかどうか、ここは居抜き物件で費用をかけていない内装工事では疑問が残ります。

お洒落な飲食店となると、女性のお客さんに満足してもらうことができなかったら意味がありません。女性のお客さんが入りやすい店、落ち着ける店、また来たいと思えるようなお店がポイントです。

そのためには、店舗デザインはプロに相談して、納得のいくものに仕上げていきましょう。店舗デザインで費用がそれなりにかかったとしても、こだわりぬいた形で店舗を造り上げた方がのちのちプラスになります。

まわりを気にせずゆっくりできること

とてもお洒落な飲食店の場合、まわりのお客さんの存在を気にすることなく過ごせることが重要です。わいわいがやがやとしたお店が好きな人もいますが、コンセプトとしてお洒落な飲食店となると、にぎやかというよりはまったりとゆったりと過ごせる環境でしょう。こんな環境を造り出してあげることが大切です。

店舗デザインをプロにお願いして、綿密な打ち合わせを行って、そして形にしていくとなると、居抜きに比べると内装工事が完了するまでには時間がかかります。ですから、いつのタイミングでオープンさせたいかを基準に逆算します。そして、できるだけ余裕を持った状態で店舗デザインの打ち合わせに入りましょう。

店舗の内装はお店の雰囲気づくりには不可欠な要素です。お客様に心地の良い空間を与え、お店が提供するサービスや商品を引き立てます。

集客率を高めたいなら!店舗デザインが決め手!

Published by:

とても重要な店舗デザイン

商品に自信があるのに、集客率がアップしない場合が見受けられます。そのような時は、店舗デザインについて再検討しましょう。なぜなら、店舗デザインのイメージが変わることによって、集客率が大幅にアップするケースはよくあるからです。気軽に訪れやすい外観や、居心地が良い内装など、細かい点まで配慮することがポイントです。また、商品のイメージにぴったり合う店舗デザインであることも大事な要素です。カフェや居酒屋、ファーストフードなど、店舗の種類によって最適と思われるデザインを選ぶ必要があります。さらに、ターゲットとしている客層が入りやすい店舗デザインならば、集客率のアップに効果的です。まずは、どのような店舗デザインが有効なのか、慎重に吟味しましょう。

理想的な店舗デザインを実現するために

店舗デザインに問題があることが分かったなら、早めに専門の業者に相談しましょう。建築会社や工務店など、実績がある業者を事前にリストアップしておくことが大事です。各業者のホームページを閲覧して、これまで手がけてきた店舗デザインを比較しましょう。中には、有名な店舗をデザインした業者も見受けられます。さらに、所属しているスタッフについて吟味することも大切です。一級建築士やデザイナーが在籍している業者ならば期待できます。尚、見積もりは無料ですから、気軽に問い合わせてみましょう。デザイン料など必要な経費が明らかになります。さらに、具体的な工期に関する詳細も分かりますので、営業に支障が出ることはありません。

内装工事とは、天井や壁面の塗装やクロス貼り、床面のフローリング貼りや畳敷き、建具の工事などを指しますが、建物の住み心地を決める重要な要素といえます。

賃貸物件の間取り図は不正確なことが多いってホント!?

Published by:

間取り図は左右反転や部屋違いが当たり前

集合住宅の賃貸物件を探している際には、必ずしも募集している部屋の間取り図が掲載されているとは限りません。1LDKだからといって、内見をせずに決めてしまうことは避ける必要があります。なぜなら、同じ集合住宅であっても広さは全く同じ状態で、リフォーム後の部屋が1LDKであって、リフォームされていない部屋は2DKというケースがよくあります。更に左右反転している間取り図は当たり前のように存在し、角部屋にしか存在しない出窓が左右両隣に部屋がある物件の間取り図に使われていることが少なくないわけです。広さが同じならば、1つの部屋を撮影した写真と間取り図をセットにして、建物全体で使いまわしているケースが多く、内見で確認しなければ痛い目に遭うでしょう。

不動産業界では現地確認が全てに優先される

物件の間取り図に記載されている情報は、何割か不正確な部分を含んでいると考えておけば驚かなくなります。内見時に必ず確認しなければならないこととして、方位があります。方位磁石を持参して確認しなければ、南向きと記載されていても実際には北東向きという例もあるくらいです。例え間取り図に記載されている方位が誤りであったとしても、不動産業界では現地確認時の現状が全てに優先されるという独特なルールがあります。また、間取り図に記載されている広さについては、ベランダやポーチだけでなく階段までが面積に含まれていることがあるので注意が必要です。賃貸物件探しは、細かい部分に至るまで、間取り図の誤りをくまなくチェックすることが求められています。

麻生の賃貸では、ファミリー向け物件が特に充実しており、周辺環境なども考慮しながら物件探しを行えます。

賃貸物件の暖房設備は石油ファンヒーターが使えないってホント!?

Published by:

暖房設備は標準で付いているものが基準

賃貸物件へ入居する前に内見時に確認すべきこととして、暖房設備を確認しておく必要があります。なぜなら、エアコンが標準で付いている場合であっても、年式が余りにも古いと電気代が高額となりがちだからです。暖房消費電力と暖房効率の部分を確認すれば、いかにエアコンが効率よく室内暖房として機能するか分かります。余りにも古いものでは、最新機種2台分の電力消費を1台で行ってしまうこともある状況です。設備として付いているものについては、個人的に交換することは禁止されているので、内見時に気になった場合は交渉してみると良いでしょう。交渉に応じないタイプの大家であれば、不動産屋も含めて別の所で探した方が良いです。

化石燃料を使った暖房器具は禁止されていることが多い

賃貸借契約書に記載されている制限事項の中には、暖房器具として化石燃料を使ったものが禁止されているケースが珍しくありません。エアコンは利用できるにもかかわらすに、なぜ石油ファンヒーターや石油ストーブの使用が禁止されているのか納得出来ない人もいるでしょう。化石燃料を使った暖房器具は、火災リスクが高いことが一因として挙げられていますが、本当の理由は結露にあります。石油ファンヒーターや石油ストーブで急速に室内を加熱した際に、燃焼時に発生する水分も空気中に放出されるので、使用後に室内の気温が下がった時結露が発生して黒カビの原因となりかねません。壁紙の内側にも結露が発生するので、原状回復費用が多額となりやすいために制限するわけです。

築年数が浅い旭川の賃貸アパートは、設備の質が高い点が一番の特徴です。大型の暖房設備も完備しているので、真冬でも寒さを感じずに快適に過ごせます。

マンションリフォームの意義とメリットに注目しよう

Published by:

業者ごとのマンションリフォームの手順を確認しよう

マンションリフォームを効果的に行うことで、住環境の改善に大きく貢献することがあるため、定期的に物件の不具合をチェックしたり、住民から意見を聞いたりしながら、リフォームのタイミングを判断することが大切です。特に、マンションリフォームを主なサービスとして扱っている工務店に相談をすることで、具体的なリフォームの手順を詳しく説明してもらうこともでき、早い段階から見積額のチェックを始めることがコツです。また、マンションリフォームの工事が終わるまでの期間は、リフォームを行う場所や作業員の人数などに大きく左右されることがあります。そこで、契約先を決めるにあたり、マンションリフォームの実績だけでなく、引き渡しまでの期間の短さに注目をすることがポイントです。

間取りを変えられる大規模なマンションリフォーム

大規模なマンションリフォームを行うことで、室内の間取りを大きく変えることができるため、新しい物件を売り出したい場合には、積極的にリフォームの必要性を検討することがおすすめです。特に、大家族の生活に対応ができるマンションは、様々なメディアで好意的に取り上げられることがありますが、室内のスペースを広くするうえで、マンションリフォームの評判の良い業者の最新の施工事例を必ず確認することが大事です。また、マンションリフォームの規模の大きさによって、費用が高くなることがありますが、明確な料金システムが導入されている業者に問い合わせをすることで、将来的なコストの負担を最小限に抑えることが可能です。

マンションリフォームを千葉で依頼する場合、複数の業者へ見積もり依頼を行うことで、具体的な費用だけでなく対応面も比較しながら業者選びができます。

賃貸契約における敷金と礼金の仕組みとは?

Published by:

敷金は後で戻ってくるお金

賃貸契約において、敷金と礼金が初期費用のうち大きな割合を占めます。相場は敷金が家賃の2カ月分、礼金も同じく家賃の2カ月分です。しかし、両者は大きく性質が異なる費用となるので、単純に敷金と礼金の合計が安いほうが有利になるわけではないという点は理解しておきましょう。

例えば、同じ家賃が5万円の物件で、敷金・礼金がそれぞれ2カ月分・1カ月分の物件と、敷金・礼金がそれぞれ1カ月分・2カ月分の物件があったとしたら、どちらもメリットは変わらないと考えてしまうかもしれません。しかし、敷金は退去のときに戻ってくるお金ですので、最初の物件のほうは退去のときに2カ月分の家賃が戻ってくることが期待できます。最初に支払うお金は同じですが、入居から退去までにかかるトータルコストでみれば、敷金を多く払っておいたほうがお得です。

礼金は戻ってくることはない?

基本的に、礼金は戻ってくることはありません。大家さんに対して「部屋を貸してくれてありがとう」という気持ちをお金にして渡すものです。なにか事情があって2カ月くらいですぐに退去をしたとしても、支払った礼金はいっさい戻ってきません。とはいっても、大家さんの判断で礼金を返すということは自由ですので、絶対に戻ってこないというわけでもないようです。家族の病気が事情で入居をしたあとにすぐ退去をすることになったら、大家さんが同情をしてくれて礼金を返還してくれるということもあります。もちろん、契約上は返還する義務がありませんので、基本的には戻ってこないものと考えておくべきです。

江別市の賃貸は、人気が高まっています。札幌まですぐの立地にも関わらずリーズナブルですし、暮らしに必要なお店が揃っているからです。

住宅ローンから!マンション購入の第一歩とは?

Published by:

予算がなければ買えないマンション

そろそろマンションを購入して定住生活を始めようと思って通帳を見てみても、現金だけでマンションを購入できるという人はあまり多くはありません。しかし、予算がなければマンションは買えないのでなんとかしてお金を確保しなければならないでしょう。そのときに活用するのが住宅ローンであり、長期に渡って借り入れをすることができるローンとしてよく知られています。マンションを購入したいと考えたら、まずはどれだけの住宅ローンを組むことができるかを知らなければなりません。

まず最初に行う金融機関への相談

住宅ローンを借りるときには金融機関に相談することになります。まずはそこで仮審査を行うのがマンション購入を行うときの第一歩です。仮審査では年収や職業などから判断して最大でどの程度の借り入れが可能かを審査してもらうものであり、その結果に応じて購入できるマンションの上限額が定まります。その相談をしたときには合わせて返済のシミュレーションも行って、返済可能かどうかも確認させてもらうことが可能です。大きな借り入れを刷ればそれだけ毎月大きな金額を返済しなければならなくなります。それが生活に負担をかけないようにできる最大の金額がどの程度かを見積もることができるでしょう。これと現金予算を合わせることによってマンションの購入に使えるお金がはっきりとします。この準備をしてから不動産会社や建築会社などに相談してマンションの購入を具体的に検討していくというのが基本的な流れです。

質の高さにこだわっている宇都宮のマンションは、建物の耐震性にも優れています。また断熱性も高いために、入居後は光熱費を節約することができます。

後悔せずにマンション購入をするために抑えておきたいこと

Published by:

質の良いマンションを選ぶためのコツ

マンション購入を考えるにあたり、各自の予算に合った物件を多数扱っている不動産会社の最新の物件情報に目を通すことが重要です。特に、マンションの全体の構造やレイアウト、外壁などは、物件選びの上で重要なポイントとなるため、早いうちから物件ごとのメリットやデメリットを見極めましょう。また、一人暮らしや女性におすすめのマンションのの中には、管理人が常駐していたり、オートロックの設備が充実していたりするものが多く、安心して新生活を始めることが可能です。その他、日ごろからお目当ての地域の物件の耐震性やバリアフリー、インターネットの利用環境などにこだわることにより、できるだけ住環境の優れている物件の特徴を理解することがおすすめです。

マンション購入の際の住宅ローンの組み方

高額な金額のマンションの購入を希望するうえで、頭金の集め方や住宅ローンの組み方などを早い段階から調べ始めることが大切です。特に、立地や周辺環境の優れているマンションに関しては、資産価値が高いことはもちろん、家族のライフスタイルの変化にも対応しやすいため、数十年以上にわたって住宅ローンを組む人も少なくありません。もしも、住宅ローンの貸付金利や返済期間、仲介手数料などについて知っておきたいことがあれば、顧客へのサポートがしっかりとしている銀行や信用金庫などにいち早く相談をすることが重要です。また、マンション購入のための専用のシミュレーションができる借入先を探すことで、各自の収入に応じて、滞りなく完済を目指すことが可能です。

福岡市の新築マンションは、女性でも安心して暮らすことができるように様々な防犯セキュリティが備わっています。

人気のデザイナーズ物件は本当に住みやすいか確認作業が必要です

Published by:

デザインが重視されるデザイナーズ物件

デザイナーズ物件には、デザイン性が重視されて必ずしも生活しやすい部屋とは限らない問題点があります。一方で、機能性を重視したデザイナーズ物件ならば、生活しやすい面があるものの洗練された印象を受けないことも少なくありません。何を目的としてデザインされた部屋なのか、デザイナーの意図を考えた上で選択することが重要です。なぜなら、コンセプトが示されていないデザイナーズ物件ほど危険なものは無いからです。

新築の場合には内見が出来ないこともある

人気が高い物件の中には、完成前から新築物件の申込み受付が始まっているケースが少なくありません。間取りや搭載される設備を示されるだけで決めてしまうことに抵抗がある人には向いていません。なぜなら、間取りを見ただけである程度の中身が想像出来るようになるまでには、部屋を何度も内見している経験が無ければ判断が難しいからです。あの部屋と同じ感じでここが異なるといった具体的なイメージが思い浮かばないと、間取り図を見て決めることは出来ないでしょう。

新築1年以内の空室には注意しよう

デザイナーズ物件の中には、新築から1年以内に空室が出てしまうケースが少なくありません。背景として、デザイン性を重視しすぎて残念ながら住み心地が悪いケースが挙げられます。入居者同士で騒音トラブルが発生して空室が出ている場合なども想定されるので、前の入居者がなぜ出てしまったのか確認してみると良いでしょう。デザイナーズ物件の良さを知っている人ならば、短期間に空室が出てしまう部屋については警戒しています。

元町の賃貸を探しているなら、希望の間取りと家賃のバランスに配慮することが大事です。生活費を圧迫しないような家賃が理想的です。

賃貸の物件選びで悩んじゃう?そんなときに見るべきポイント

Published by:

良い所ばかり見てみても…

賃貸物件を探しているとき、どんなポイントを重視していますか?それは家賃や敷金・礼金だったり、駅近だったりと人それぞれ重要視するポイントがあると思います。自分がどうしても譲れないと思うところを最重視するべきなことは言うまでもありませんが、重視するポイントが複数あると、そのメリットを考えて優先順位をつけにくいということがしばしばあるでしょう。そんなときは逆に、デメリットが気になるものを除外していく消去法を用いて、残った物件を選ぶのがいいかもしれません。では、具体的に賃貸探しの際に気になるデメリットとはどういったものでしょうか。

あえてデメリットを見て…

たとえば駅近の物件を重視した場合ですが、駅から近いということは商店街、繁華街が近いことが多く、人が多くて騒々しかったり、治安が悪かったりといったデメリットが考えられます。駅から遠いより近い物件の方が家賃が高い、というのもデメリットとして挙げられるでしょう。別のケースとして部屋の内装・間取りを重視した場合、なるほど部屋は広く日当りもよかったが、収納スペースがほとんどなかった、なんてこともあり得ます。自分が選んだ複数の物件のうち、こういったデメリットが目に付いた物件の優先順位を下げていくことで、最終的に自分の希望に合い、かつデメリットの少ない物件が残ることになります。メリットばかりを比較してもなかなか決められないことが多いですが、デメリットから考えてみると、案外すんなりと優先順位が決められるかもしれませんよ?

札幌の賃貸マンションは他の地方都市と比べて比較的安く、数も多いので一人暮らしから家族4人でも色んな物件があるのがいいところです。